ぶどうをはじめとする果物王国山梨県は、日本一のワインの産地です。そんな山梨県甲州市勝沼地区にある、小さなワイナリー「東夢(とうむ)」の、ぶどう作りからワイン醸造までを、勝沼の四季も織り交ぜながら紹介するサイトです。

社長挨拶

ご挨拶  

 勝沼町は古くから葡萄の栽培がさかんに行われ、その後にワイン造りが興き、現在に至っています。  

 日本のワイン造りは、日々努力を重ねて参りましたが、ヨーロッパ産に席捲された状況が続いているのです。 ワインの消費量の70%は外国産という状況が続いていますが、勝沼のワイン醸造家も外国で勉強したり、講師を招いたりして、醸造技術の向上に努め、最初からワイン原料として葡萄の栽培をしたりして、地道な努力の積み重ねをした結果、最近は国産のワインが見直され、ワイン愛好家が勝沼地域のワイナリーを散策する姿が見られる様になりました。  

 そんな状況の中で、安心して飲んで頂ける、地元産の葡萄原料にこだわったワイン造りを行っていきたいと思っています。そして、ワイナリーが葡萄の生産者とワイン愛好家をつなぐ形で、ワイナリーを三者で運営したいと考えています。                  

                               東夢 代表取締役 髙野英一

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player
nougyo_shou.jpg

 

◆法律の表記

・個人情報保護ポリシー
・特定商取引に関する表示


◆リンク集

・甲州市商工会
・山梨県ワイン酒造組合
・勝沼ワイナリーズクラブ
・勝沼ワイナリーマーケット
・大瑠璃セレクション
・東京電力
・ちょうちん横丁
(葡蘭酎が飲める店)

クラブロシナンテス
クラブ・ロシナンテスはワインを愛する仲間が東夢ワイナリーを舞台に出会い、交流する中で東夢ワイナリーの支援を受けて、2010年10月に設立された同好クラブです。


◆サイトマップ